認印へのこだわり

認印イメージ

社会人の方であれば、以下の印鑑はお持ちではないのかと思います。
その印鑑とは、個人用実印、銀行印、認印の3つです。

説明するまでもないかもしれませんが、個人用実印とは印鑑登録した印鑑の事をいい、目的としては、個人的な契約に使用します。
身近な所としては、車の購入や土地の購入等に使用します。

銀行印は、銀行等で通帳を作成する場合に、使用する印鑑です。
銀行等のやり取りの際にも使用します。

認め印とは、宅配便の配達書への捺印であったり、社内書類への捺印に使用します。
基本的に、個人用実印や銀行印に関しては、成人になった時や社会人になり立ての時に手彫りのはんこを購入する方が多いと思います。

これらは、とても長い付き合いになりますので、材質等に関しても高価な壊れにくいものを購入する方が多いです。
認め印に関しては、どちらかというと使い捨て感覚で購入する方が多いのではないかと思います。
基本的にはシャチハタを使用している人が多いと思います。

ただし、これらのはんこで一番活躍するはんこって何かというと、それは認め印です。
社会人であれば、1日に数回、多い人であれば、数百回の捺印をするという人もいるのではないかと思います。

これは、日本が印鑑文化であるという事も影響していると思います。
一番使用する機会が多いという事は、それだけ他の人が目にする機会が多いという事にもなります。

なので、これにこだわりを持つと予想以上に、周りの人からの注目が集まります。
私の会社にも、横文字の印字にしたり、書体を珍しいものにしたり、フルネームの印字にしている人がいますが、やはり目立っています。
皆さんも、認印へのこだわりいかがですか。

ページの先頭へ